本文へ

Cosmetics Q&Aよくあるご質問

よくあるご質問

このQ&Aは化粧品をお使いになる上での一般的な質問です。
フラデヴォーチェ製品のご質問はお問い合わせフォームから気軽にどうぞ。

乾燥肌

乾燥がひどい場合のお手入れはどうしたらよいでしょうか?

乾燥肌の多くは、皮脂を必要以上に取るクレンジングや洗顔後のこすりすぎで肌のキメが流れ、角質層のバリア機能が失われて水分の保持ができにくい状態になっています。エアコンの部屋にいることが多い、季節、などの環境の変化も大きな要因です。一般的に化粧水の使用量が少ない方が多いので、化粧水を塗布して乾いたらもう一度塗布をし、季節に応じて美容液やクリームの量を調節してキメの整ったお肌を目指しましょう。

混合肌

Tゾーンは油っぽいのに、目や口のまわりは乾燥が気になります。どのようなお手入れをしたらよいですか?

あまり刺激の強くないクレンジング、洗顔で丁寧に洗うことを心がけます。ただし、乾燥する部分はゴシゴシこすったりしないでください。化粧水はお顔全体に塗布しますが、美容液やクリームは乾燥が気になるところから中心に全体に伸ばします。乾燥する部分はさらに重ねづけをします。Tゾーンはほんの少しだけ塗布してください。

敏感肌

春先やホルモンバランスが悪いときにお肌の調子が悪くなります。どのようなスキンケアがよいのでしょうか?

季節の変わり目や春先は、気温の寒暖差とともに乾燥の影響で皮脂の分泌量がとても不安定になりやすい状態になります。皮膚の薄い方や肌質によってはそれらが刺激になり、吹き出物や赤みが出やすくなる場合があります。お肌が敏感になっている場合は使用量を少なくしたりしますが、刺激を感じることがあれば、化粧品の仕様を一旦中止することをお勧めいたします。

紫外線

紫外線のお肌に受ける影響は?

紫外線には、主にA波(UVーA)とB波(UV-B)の2種類があります。UVーAは真皮深くまでとどいて、肌の弾力に必要なヒアルロン酸、コラーゲンやエラスチンにダメージをあたえます。これにより深いしわやたるみの原因になります。UV-Bはシミ・ソバカスの原因になるものです。浴び続けると炎症をおこしたりします。一番の肌トラブルの原因ともいわれておりますので、できるだけケアをしましょう。

表記について

「アレルギーテスト済み」「パッチテスト済み」の化粧品とは?

「アレルギーテスト済み」や「パッチテスト済み」の表示をしている化粧品は、直接、人の肌で商品を直接塗布して、アレルギーテストや皮フトラブルが起きるかを調べるパッチテストを行っています。しかし、この表示があるからといってすべての方にアレルギーや皮フトラブルが起きないわけではありません。

「お肌に合わない場合はご使用をおやめください」という表記はなんでしょうか?

化粧品は、安全性を考慮して製造されています。
ただし、それぞれの肌質は違い、また環境、体質、季節、体調の変化などによって、使用中または使用後に、かゆみ、赤み、痛み、はれ、などの症状があらわれる場合があります。
そのため化粧品には、化粧品使用後に、このような症状がでた場合の悪化を防ぐために、「お肌に合わない場合はご使用をおやめください」という注意表示を表記し、直ちに使用を中止するように指定しております。

無香料と無合成香料の違いはなんでしょうか?

「無香料」とは「香料を配合していない」という意味であり、主に合成香料を配合していないことをさします。アロマエッセンスを配合をすることにより香りはしますが、この場合無香料と表記されることが多いです。

化粧品の保存について

化粧品に消費期限はありますか?

化粧品は、医薬品医療機器等法により「通常の保管条件下で3年以内に変質するものについては使用期限を表示」することが義務づけられています。そのため、使用期限のないものは、通常の保管をし、未開封の場合には最低3年間は品質が変わらないように製造しています。しかし、化粧品は直接お肌に使うものですから、お求めになってからは保管に気をつけて、開封後はできるだけ続けて使いきりましょう。保管する際には、直接日光のあたる場所、高温多湿の場所、温度変化の激しい場所を避け、常温の室内に保管してください。ただし、上記は商品のことであり、サンプルの場合は、長期保存はできません。できれば一年以内に使い切ることをお勧めいたします。

一度開封した商品はいつまで使えますか?

化粧品は、高温多湿の場所をさけて冷所の保管で、未開封の場合には最低3年間は品質が変わらないように製造しています。しかし、一度開封した商品は環境が変わりますのでお求めになってからは保管に気をつけて、開封後はできるだけ続けて使いきることをおすすめします。

化粧品は冷蔵庫で保管したほうがよいですか?

開封後 冷蔵庫保管指定の化粧品以外は、必ずしも冷蔵庫での保管の必要はございません。ただし、一度冷蔵庫で保管したならば継続して保管することをお勧めいたします。一般的には、直射日光があたる場所、高温多湿になる場所を避け、温度変化の少ない常温の室内に保管していただくことをおすすめします。

化粧品は季節によって、変えたほうがよいのでしょうか?

春先のお肌は乾燥しがち、夏を過ぎたお肌は紫外線を浴びた影響でシミやソバカスが目立ったりしてきます。乾燥が気になれば保湿効果の高い商品を加えたり、普段より使用量を増やして重ねづけをすることお勧めいたします。秋のお手入れは美白集中ケアを取り入れることもお勧めいたします。ただ、シミ予防はオールシーズン日頃よりお手入れに組み込むことをお勧めいたします。

PAGE TOP
定期購入はこちら